生光学園中学校は少人数制で基礎学力の修得から国公立、有名私立大学進学を視野に入れた教育を行っています。

2012.11.09
第2回人権集会開催!

12月19日(金)、2回目の生光学園中学校人権集会が開かれました。

 

まず、坂本萌歌さんの第2席に輝いた作品を本人が朗読しました。

 

そして、DVD「わすれるもんか!」を視聴し、生光学園小学校前校長の

 

藤原スミ先生(徳島県人権教育指導員)から講演をいただきました。

 

生徒たちにとって、人権を考える良い機会になりました。

 

 

(生徒の感想文から) 


・僕が、小学生のとき同じクラスに障がいを持った子がいました。それなのに、

中学生になり学校に 障がい者の人が来たときに、変な目で見ていました。

藤原先生の話を聞いて、こんな自分が恥ずかしくなりました。 

 

・藤原先生は、昔と変わっていない独特の話し方で、みんなを笑顔にしてくださった。

こんなに楽しく、そして真剣に人権のことを考えることができ、本当にうれしかったです。


・私の姉も障がいを持っています。 将来、姉が障がいのせいで、不自由な

事があるかもしれません。そんな時は、私が姉の支えになりたいです。

 

・人は努力をすれば、人より上を目指すことができる。他人を見下すのはよくない。

 

・私は、決して人を区別するような人にはならない。

 

・先生の話を聞いて、私は元気をもらいました。

 

・私のおじいちゃんは、足が不自由です。これからも、おじいちゃんを大切にしてあげたいです。

 

・ひとりひとりに、良いところがあれば悪いところもある。絶対に差別をしてはいけない。 

 

・自分は、今回の集会を面倒くさいと思っていました。出てみると、すごいためになりました。

 

・差別は、人の心を傷つける残酷な行為だ。「誇りうる人間」になる為に、

これからも人権学習に取り組んでいきたい。

 

・人を信じ合う心を持ち、尊敬し合えば差別はなくなるはずです。

私が、母親になるまでに同和教育の必要性がなくなるよう、

正しい知識を持ち、美しい生き方をしていこうと思います。 

 

 

IMG_4657.JPG

 

 

IMG_4689.JPG

 

 

IMG_4691.JPG

 

 

IMG_4696.JPG

 

 

IMG_4711.JPG

 

 

IMG_4727.JPG