生光学園は徳島県徳島市において、幼稚園・小学校・中学校・高等学校が揃った私立総合学園として一貫した教育体制を確立しています。

第11回小屋掛け公演に出演
2014.11.11

 10月11日,徳島中央公園で行われた「第11回徳島城内小屋掛け公演」に4年生が出演しました。
  毎年、生光学園小学校では,みんなで声を合わせて表現すること,自分たちの思いを伝えることの大切さを学ぶ学習の一環として,この小屋掛け公演に取り組んでいます。
 今年の演目は,山田今次作「あめ」と宮澤賢治作「雨ニモ負ケズ」の群読です。「雨ニモ負ケズ」は、英語と日本語の両方で発表しました。詩にこめられた思いを考えるために、宮沢賢治の一生も学習して臨みました。みんなで話し合った結果、「今、世界のあちこちでは自然災害がたくさん起こっている。自然災害は人間の力でどうしようもできないかもしれないけれど、みんなで力を合せて災害に負けない心を持ちたい。そういう願いをこめよう」ということになりました。
 子どもたちは,小屋掛け公演という大きな舞台での発表に緊張したようでしたが,自分たちの思いをしっかりと表現することができました。一般の観客の方々からも「すごいな」という言葉が聞こえてきて、素晴らしい発表になったと思います。
 子どもたちにとって貴重な体験になりました。この経験を今後に活かしていってほしいと思っています。

 

 

IMG_8094.jpg 

 

IMG_8101.jpg