生光学園高等学校は特別進学・普通・体育の3コースにより様々な進路の実現を後押しします。

卒業生の声

卒業生の声

夢を実現した、先輩達の声。

  • 武田久投手
  • 日本ハムファイタイーズ
    武田 久投手

    こんにちは。北海道日本ハムファイターズの武田久です。
    私が今、プロ野球の世界で活躍できているのは中学・高校の6年間を過ごした生光学園が基本となっています。残念ながら、私もあと一歩のところで甲子園には出場できませんでした。当時は悔しかったけど、逆にこの悔しさがプロで活躍するための原動力になっていると思います。
    先生方のご指導もあり、大学に進学して野球を続ける決意をしましたが、大学の4年間はそれまでの生活とは別世界でした。特に野球部の寮生活が厳しかった(笑)。理不尽なこと、我慢しなければいけないこと…今考えると「言い訳しない」とか、「嘘をつかない」など、野球以外のこと、人として当たり前のことを団体生活で学ぶと共に、人間関係の形成や、クローザーとしてマウンドでピンチの場面でも冷静に顔色も変えずに切り抜けることができるようになったのはこの寮生活が生かされていると思います(笑)。社会人野球での2年間も決してプロへの遠回りとは感じませんでした。経済状況が厳しい時代、会社員として給料をいただきながら野球に没頭できる環境を整えていただいた企業にも感謝しています。
    私はプロとして決して体が大きい方ではないですが、永く活躍できているのはまず、健康に産んでくれた両親に本当に感謝しています。大きなケガもなくできているのは1年1年が大事だと考え、シーズン中でもトレーニングを継続しているからだと思います。
    生光学園の在校生、入学を考えている皆さんには素晴らしい環境、先生方、仲間とともに勉強、スポーツも大切ですが、社会に出てからも活躍できるように人として大きく成長して、頑張って欲しいと思います。そして何より「甲子園初出場」を期待しています!

  • 中田恵莉子さん
  • 中京大学スポーツ科学部2年
    中田 恵莉子さん

    中学校までは地元の岡山で陸上をしていましたが、2年生の時に合同練習会で訪れた生光学園での、先生方の熱心な指導に感銘を受けました。全国中学校体育大会で、結果を残すことができなかった私は、高等学校では絶対に日本一になりたいと思い、生光学園高等学校への進学を決めました。 入学時には特別進学コースを選択しましたが、2年生のインターハイで悔しい思いをし、競技に専念するべく体育コースへと変更しました。 体育コースの魅力は、全国から集まった仲間たちと、最高の環境で練習できること。先生方も生徒の心の声を的確に理解して、親身なアドバイスをしてくださいました。インターハイや国体で優勝し、先生方から「頑張ったなぁ」との言葉をいただいた時は、あきらめずに練習してきて本当によかったと思いました。

  • 佐藤恵美さん
  • 徳島大学工学部1年
    佐藤 恵美さん

    私は今、大学で充実した学生生活を送っています。現在のところでは、まだ教養科目が多い授業のため、専門科目以外のことが学べて面白いです。そうはいっても、毎回のごとくレポートやテストがあるため、受験生活の時と変わらないくらい忙しいです。しかし、大学で入った部活となんとか両立して生活しています。 学生生活は、高校の生活とは本当に違います。

    高校のときは、授業で先生の話を聞くことが大切でしたが、大学では講義内容+自分で調べた内容というものが日常の宿題とテストにつながります。そのため、自ら進んで調べ物をするという習慣を身につけておくといいと思います。大学生活では、色々苦しいこともありますが、今までとはまるで違う学校生活を味わえ、経験できるためがんばって大学に入学してよかったと思います。